脂漏性皮膚炎ビタミンB群が頭皮痒みに効果ある?!

ビタミンB群が頭皮痒み(脂漏性皮膚炎)に効果ある?!

1ビタミンB6は頭皮の皮脂を抑えて頭皮が炎症するのを抑える効果があります。

ビタミンB6(ピリドキシン)の体内作用

健康な皮膚や髪の毛、歯をつくり、成長を促進する

免疫機能を正常に維持する必須の栄養素

(アレルギー症状の軽減)

刺激の抑制にはたらく神経伝達物質の合成にもかかわる

脂質の代謝をよくして脂肪肝をも予防。


ビタミンB6が不足すると

脂漏性皮膚炎、神経過敏口内炎、舌炎、湿疹、

じんましんができやすい、貧血になる。

ペラグラ様症候群、リンパ球減少症が起こり、

また成人で は、うつ状態、錯乱、脳波異常、痙攣発作が起こる。

 


2ビタミンB2は健康な皮膚や髪、爪をつくり、成長を促進。

細胞の再生やエネルギーの代謝を促す健康な爪や毛根、

皮膚等の再生のために必要。


ビタミンB2が不足すると

肌荒れ(脂漏性皮膚炎)、髪のトラブル、

口内炎や口角炎など目や口の粘膜に症状があらわれる。

発育が止まる、動脈硬化になりやすい。

 

脂漏性皮膚炎に効果あるシャンプーを見る


3ビタミンB群は頭皮炎症に効果が!

ビタミンB群は皮膚や髪、爪など免疫機能に作用し、

脂漏性皮膚炎にも効果があります。

バランスの良い食事でビタミンB群を摂取し、

頭皮の痒み脂漏性皮膚炎対策に、

食事だけで効率よくビタミンB群を摂るのは大変なのもあります。

サプリメントの利用も便利で簡単に摂取でき良いですね!



豆知識

4─1.生活習慣病との関係 4─1─1.発症予防との関連

1997 年に初めて、ビタミン B6 が大腸がんの予防因子であることが報告された 58)。

我が国におい ては、Ishihara らが 59)、

ビタミン B6 摂取量と大腸がんとの関係の調査から、

男性においてビタミ ン B6 摂取量が最も少ないグループ

(平均摂取量は 1.02 mg/日)に比べ、

それよりも多いグループ (~1.80 mg/日)で

30~40% リスクが低かったと報告している。

ビタミン B6 が大腸がんの予防因 子となり得ると考えられる 60)。

日本人のデータを採用すると、

ビタミン B6 の目標量は 2 mg/日程 度と試算されるが、

食事調査方法が食物頻度調査法であること及び

報告数が一例であることから、 目標量の設定は見送った。

「引用元 水溶性ビタミン – 厚生労働省

 


関連記事


フケかゆみ解消シャンプーおすすめランキング


おすすめ記事